管理人エロキングのアダルトに対する想い

エロキング

どうもはじめまして、エロリーマンのエロキングといいます。エロやアダルトを追求してアダルトマスターを目指しています。

 

ま~年齢でいえばアンガールズの山根と同い年です。ですので相当に研究や追求や分析をしてきています。アダルトサイトは男にとってはとても魅力的なサイトであるといえます。

 

だってオナニーするのにおかずは必要ですからね。昔はエロ本とかビニ本とかでしたけど、それがアダルトビデオというVHSのビデオテープになり、今は音声までついたインターネットで見れる動画ですからね。

 

オナニーは自分がセックスする事を想像してする一面がありますが、動画に喘ぎ声までついてくるわけですから、今の時代は臨場感は格段に上がったといえます。

 

もう一つの面としては、自分ではちょっと体験できない設定やシチュエーションなんかを、よりリアルに動画で想像して興奮できるって事ですね。

 

 

私が作っているこのサイトでは安心して楽しめる安全な月額有料の無修正アダルトサイトを中心に、絶対に知っておかないといけないエロに関係した知識をお届けしていきます。

 

 

とても重要で必要な知識です。

 

 

アダルトやエロは隠したいという心理が働くためにゴミクズ犯罪者の詐欺師達につけ入られる側面があります。詐欺をやっているような連中はどんな分野でもやるんですが、アダルト関係は変に後ろめたいとか思う人もたくさんいると思います。

 

 

私も若い頃は恥ずかしいという気持ちを強く持っていました。

 

 

詐欺師達はそこをついてきます。でも実際には恥ずかしいとか、なんか隠さないといけないという気持ちは全く持たなくていいものなんですね。人間のもつ性欲という本能ですから。エロについては自分の中で誇りをもてばいいんですね。

 

 

私がアダルトマスターを目指しているように・・・。

 

 

もしエロが好きなのであれば、少なくとも心の中では信念と自信をもっていればいいと思います。

 

注)エロを常に日常生活で全面に出して、時と場所を選ばずにエロい発言や態度をとるのとは違います。人に迷惑をかけるのとは違います。

 

 

ですので、今の私の考え方ですけど、アダルトビデオに出演するAV女優や男優の人達、それの制作に携わっている人達についてはとても尊敬しています。

 

同様に、きちんとした風俗とかでまじめにはたらいているエロい男性をサポートしてくれているような風俗嬢の女の子なんかも尊敬する対象です。
(そういった人達のなかにも性格が悪いダメな人間もいますので、職業自体として尊敬しているという事です)

 

昔の私はお世話になっているのに、自身はアダルトに対する恥ずかしさなどもあって尊敬したりはしていませんでした。自分自身を振り返ってみるとしょぼくて何も理解してなかったなと思います。

 

今となっては妙にアダルトに距離を置くというか、毛嫌いしているような人間や企業に対しては逆に不信を感じずにはいられないですね。
(もちろんですが、アダルトで嫌な経験をされた人や距離を置く必要がある企業などのように、一定の理屈の通った理由があれば別に不信はないですよ)

 

ま~どういう事かというと、

 

実際はエロいのに、ある程度それを隠す人。

→ま~いいんじゃないでしょうか。ひとそれぞれだと思いますし、自由だと思います。

 

実際はエロいのに、アダルトを否定する人(企業)

→ま~いわゆるひとつの嘘つきというか・・・詐欺師のやってる事と共通点がありますよね。
(偏見や差別にも繋がるかもしれません。)

 

とりあえずアダルトを否定するような人(企業)

→これはいろいろなパターンがあるんだと思います。

 

エロやアダルトに興味がない人で何かにあたりちらしたいクレーマー系の人間性があると、ここにたどり着くと思います。エロやアダルトに興味がない人っているの?って思うかもしれません。

 

ま~わかりませんが、例えばですけど、不感症(男も女もいる)だったら、考え方がそういった方向にいく可能性ってあるんじゃないでしょうか。

 

でも不感症だからといって全ての人がアダルトを否定するのかっていうとそうではないと思います。例えばって事です。不感症の人でもそれを悩んでいる人だっているだろうし、まともなひとであれば、否定ではなく無関心という考え方をするのだと思います。

 

私がまず最初にお伝えしたかったのは、もしエロい事が好きなのであれば、それに誇りと自信を持ってほしいという事です。

 

誰にも迷惑なんてかけません。

 

そしてこのサイトに記載されている記事や私の考え方などを理解してもらえれば、アダルト系の詐欺にあう可能性もかなり減らせるのではないかと思います。